ホーム>業務内容>環境事業部

環境事業部

環境事業部

資源リサイクル とは、廃棄物を資源とし、再利用していくということを意味しています。
私たちは、長い間地球の資源を使い続けてきました。石油や石炭、資源として使いすぎたために環境問題を引き起こしている森林など、これから先どのように資源を確保していくかということが、私たちにとって大きな課題となっています。限りある 資源 を リサイクル し続けることが、その問題に対して、現時点でできうる数少ない行動のひとつです。また、 資源 を リサイクル することで、「循環型社会」を構築していくことが可能になります。

資源リサイクルの主な業務内容

資源リサイクルの主な業務内容
  • 廃棄物の訂正処理及び減量化の立案とサポート
  • 環境規格に適用のごみ分別・収集運搬要網の作成と作業協力
  • 資源ごみの再利用の計画
  • 再生原材料の販売ルート

各工場・店舗から排出される廃プラスチック類

201533111561.jpg

2015331115637.jpg

2015331115657.jpg

RPF

廃プラスチックを原料とし、固形燃料化することで、化石燃料の代替として使用することによりCO2排出量の削減にも貢献できます。

2015331115754.jpg

廃棄物を単に焼却処理するだけではなく、焼却の際に発生するエネルギーを回収・利用したりすることをいいます。

2015331115839.jpg

使用済みのプラスチックを溶かしてから、再びプラスチック製品に再生して利用することをいいます。